〒520-0521 滋賀県大津市和邇北浜432 
TEL 077(592)3355  FAX 077(592)3344 
bar
インフォメーション イベント メンテナンス カスタム ペイント ショッピング ユーズドバイク リンク ダイアリー コンプリート

    
    
NAG
A.S.H.
Me tallico
KEINZ
SP II ウオタニ

スパムメール防止の為、メールアドレスを画像にしております。
 home > Diary > 2007 > 071012



・・大切な時間・・ 2007/10/12
 


先日ツーリングで宮津市の天橋立に行ってきました!
今回はただのツーリングでは無く、思い出深いツーリングになりました。



今回はなぜ宮津に行ったかと言うと・・・
私がまだ20歳くらいの頃に友達の紹介でバイクを修理したのが
始まりで友達になった椋平君(呼び名はムク)。
その頃ツーリングチーム「MARC」を結成する事になり初代メンバーの一人でした。
そのムクは宮津市の天橋立の付け根に実家が有り
学生で京都に来ていたのですが、卒業と同時に実家に戻り無事就職。
その後たまに連絡を取り合い「みんなで実家に泊まりにバイクでおいで」
と電話が有り、今から13年前
1994年9月23日〜26日に初めて実家にお邪魔して
色々衝撃な出来事が有ったのです・・・
 






まだ何人かはこの時のバイクに乗ってるのが凄い

まず到着して直ぐにご飯の用意をみんなでしている時の事です。
お母さんが糠床からお漬物を出そうとしてるのだと思ったら
なんと生の魚が糠まみれで出てくるではないですか!
都会育ちで、まだ若かった私はヘシコなど知るわけもなく
ただただ生の魚が漬物になってる事に唖然でした。
それが食べてみると美味しいのなんの!
それから又、見た事の無い食べ物が食卓に・・・
はんぺんにも見えるし鯨のコロの煮付けにも見えるし〜
恐る恐る食べてみるとこれまた変った歯ざわり・・
これが又美味しい〜の連発!!
なんと太い切干大根だったのです。私は千切りにして
煮付けるのしか食べた事が無く、かなりの大きさで煮付けてあり
なんとも言えぬお袋の味。感動的な美味しさでした。
翌日も伊根の舟屋のおじさんが朝に捕って来た
なんとアマダイ(グジ)のお刺身!!
しめた刺身じゃ無く本当のお刺身!
なかなか食べられない代物です。
当然にサイコ〜でした!
私も自称グルメですが、今までで一番美味しいお刺身でした!
あっ・・・食べ物の話ばっかりですみません。

そしてこれが一番の衝撃!
夜ご飯の最中にお母さんが消えたと思ったら、なんと
人形を肩に乗せ、お母さん登場!
腹話術が始まったのです!
その後マジックショーまで披露して頂き
素晴らしいおもてなしをして頂きました。
まだまだ色々有ったのですが、書ききれないので又の機会に。。。
すごく思い出に残るツーリングになりました。

その後だんだんと連絡も取らなくなり
ちょうど年齢的にも友達より仕事や彼女に
没頭して行く頃なので仕方の無い事ですが、
何年かに一度は会ったり電話したり・・・
普通は疎遠になってしまうのですがね。

ブルーカフェのオープンの時も喜んでくれて、
わざわざ遠い所から駆けつけてくれました。

で・・・今年の3月の私の結婚式にも出席してくれて
昔話に花が咲き「夏になったら、宮津にみんなで泊まりにおいでや!」
と・・・今回ツーリングに行く事になったわけです。

今回はさすがに迷惑かと思い実家近くの旅館をムクにとってもらい
夜の食事だけムクの家族とご一緒する事になったのです。
また、そこで素晴らしいサプライズが・・・
なんと、お母さん、兄弟(4人男兄弟)や、その奥さん、お子さん達、家族全員
参加してもらい、旅館の外でバーベQで宴会!
そしてお母さんや孫達でマジックショー!











この家族が素敵な家族で兄弟は仲が良いし、思いやりが
有るし、お母さんも孫もみんな笑顔が絶えない家族。
孫達がみんなのお酒を注いでくれて良く出来た子供達だった。
お兄さん達は様々な所に住んでおられるのですが、
調度、稲刈りで兄弟が集まった時と重なったらしく
同席さして頂きました。
短い時間でしたが、色々とお兄さん達とお話ができて
思い出に残る言葉が有りまして、
私が「どうして兄弟がそんなに仲良く出来るのですか?」
と聞いた所
「農業が有るからや。兄弟みんなで力を合わせないと農業はできひん。」
「土と米がそうさしとるんや」

それと、この家族に見習わなければならいないのは
「ありがとう」と常に言う所。
お母さんにも子供にも、兄弟にも奥さんにも
他人でも何かしたら常に「ありがとう」
言い言葉だと再確認しました「ありがとう」
お母さんが息子達や嫁、孫は全て私の宝物だと言っておられたのも
印象的でした。最高の家族に囲まれているからこそ、
ムクも最高に思いやりの有る義理堅い男になったんだなと思いました。

食いしん坊の私は・・・実は一番嬉しかったのは・・・
あの切干大根の煮付けを大量にお母さんが作ってきてくれた事でした・・・
一生でまだ二回しか食べてない・・・あ〜美味しかったな〜

本当に椋平家のみなさんお世話になり、ありがとうございました。

心温まる大切な時間でした。

そんな仲間に囲まれて生きている事に感謝。

こんな時代だからこそ椋平兄弟のようにみんなで協力すれば
地球の為に必ず何か出来るはず。
まずは身の回りから出来る事を一づつ・・・

PS、昔の写真を引っ張り出して、今、気が付いたのですが、
偶然にも同じ日に行ってるのですね。

 
ページtop >
 


Back Number
2007年(22件)
2006年(03件)
2005年(27件)
2004年(11件)
copyright